作成者別アーカイブ: admin

2018 アルゼンチン代表 アウェイ ユニフォーム 長袖 ブラック

2018 アルゼンチン代表 ユニフォーム アウェイ 長袖の画像はこちら↓

価格:3858円

選手オフィシャルマークサービスできる。

2018 アルゼンチン代表 ユニフォーム アウェイ 長袖の特徴:

1、サポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。
2、一度も公式戦で着られることのなかった、幻の90年代初頭のユニフォームからインスパイア。
3、新たな時代の開幕けを表現するために、ベースカラーに初めてブラックを採用。
4、90年代を象徴するショルダーストライプによりアルゼンチンの国旗カラーを象徴。
5、左胸の協会エンブレム、右胸のメーカーロゴは刺繍仕様。
6、素材には吸水速乾性に優れたポリエステル素材を使用。
7、長袖デザインで相当の保温効果がある。

機能:

優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保つ床ができる。

ソフト素材を採用し、肌触りが抜群。

コロケーションアドバイス:

通気性能優れたジーンズ、長袖シャツ、同じ色のジャージーなど。

アルゼンチン代表 ユニフォーム 長袖を探しなら、下記のボタンをリンクしてください。

2018 アルゼンチン代表 ワールドカップ アウェイ ユニフォーム

アルゼンチン代表のサプライヤーであるアディダスは20日、2018FIFAワールドカップ・ロシアに臨むアルゼンチン代表のアウェイユニフォームを発表した。

2018 アルゼンチン代表 ユニフォーム アウェイ 半袖の画像はこちら↓

2018 アルゼンチン代表 ユニフォーム アウェイ 半袖の特徴
・一度も公式戦で着られることのなかった、幻の90年代初頭のユニフォームからインスパイア。
・新たな時代の幕開けを表現するため、ベースカラーに初めてブラックを採用。
・90年代を象徴するショルダーストライプによりアルゼンチンの国旗カラーを象徴。
・リブ付きの基本となるクルーネックを採用。

機能

2~3分水に浸し、軽く絞って身につけるだけで即冷却ができる素材。
肌に直接見につけても優れた除湿機能を発揮する軽量素材。汗を吸収、乾燥させドライに保ちます。

スペック

素材 ポリエステル
シーズン 2018

2018 アルゼンチン代表 ワールドカップ ホーム ユニフォーム

11月6日、「アディダス」が2018 アルゼンチン代表 ワールドカップ ホーム ユニフォームを発表しました。2018FIFAワールドカップでリオネル・メッシなどのアルゼンチン代表メンバーが新しい戦服を着てロシアW杯を迎えます。

ユニフォームの特徴
・アルゼンチンサッカー協会創立125周年を記念し、「125」の数字をサイドに、栄光のエンブレムを胸に配置。
・襟の裏側には月桂樹と数字「125」を組み合わせたエンボス加工でデザイン。
・2回にわたってFIFAワールドカップを制覇してきた栄誉を称え、バッジの上には2つのゴールドスター入り。
・クラシックなVネックデザインが珍しい。
・パンツは黒基調でソックスが前続きの白。

機能

優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

スペック

素材 ポリエステル
シーズン 2018

ご購入はこちら

1978 アルゼンチン代表 ホーム ユニフォーム

皆様ご存知のように、1978年でアルゼンチン自国がアルゼンチンFIFAワールドカップを開催しました。サッカーアルゼンチン代表がFIFAワールドカップで優勝経験のある世界を代表する強豪国の一つです。第1回大会の1930 FIFAワールドカップではウルグアイに2-4で敗れたが、自国開催の1978 FIFAワールドカップではオランダを3-1で破って初優勝しました。その1978 アルゼンチン代表 ユニフォーム ホーム 半袖(1st)のデザイン詳細、販売情報などについて改めて紹介いたします。

限定価格:¥3,550円

特徴

・観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用。
・デザインには伝統的な空色と白のカラーを採用しました。
・首まわりにはクルーネックを採用し、袖口と同じホワイトを採用。
・メーカーブランドは「アディダス」、メーカーロゴは刺繍。
・総体、シンプルなデザイン。

機能

優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

スペック

素材 ポリエステル
シーズン 1978

ご購入はこちら

アルゼンチン代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

アルゼンチン代表 2016 ホーム ユニフォーム(1st)は“セレステ・イ・ブランコ”(空色と白)のカラーをシンプルに打ち出したクラシカルなデザインを採用しました。丸首の首まわりや袖口に再び黒を配したほか、アディダススリーストライプス(三本線)はやはり脇にバランスよく配置されている。

限定価格:¥3,550円

特徴

・観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用。
アルゼンチン代表 ユニフォーム 2016 ホーム(1st)はアルゼンチン伝統的な空色と白を基調にデザインした。
・襟の周りと袖口がリンガー仕様の黒いリブを採用した。
・アディダス三本線はユニフォームの両脇に配置している。
・メーカーブランドは前続き「アディダス」、メーカーロゴは刺繍。

機能

CLIMACOOL:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

スペック

素材 ポリエステル
発売時期 2016年3月発売
シーズン 2016

ご購入はこちら

アルゼンチン代表 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

アルゼンチン代表 2016 アウェイ ユニフォーム(2nd)はチリで開催されるコパ・アメリカ2015に向けたアルゼンチンのアウェイユニフォームを流用したものだ。裾部分にはアディダスらしく、アルゼンチンを象徴するセレステ・イ・ブランコ(空色と白)のボーダーが入れられている。パンツも同じ色を採用した。

限定価格:¥3,550円

特徴

・サポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。
・アウェイユニフォームは紺を基調とした渋めのデザインで、袖口に濃紺を配置。
・裾部分には空色と白のボーダーが入れられている。
・襟仕様がVネックを採用した。
・メーカーブランドは前続き「アディダス」、メーカーロゴは刺繍。

機能

CLIMACOOL:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

スペック

素材 ポリエステル
発売時期 2015年3月発売
シーズン 2015/2016

ご購入はこちら

アルゼンチン代表 2015 ユニフォーム ホーム 半袖 通信販売

2014年のブラジルW杯において、決勝まで進んだもののドイツに敗れ、準優勝に終わったサッカーアルゼンチン代表が南米王者を決める2015年コパ・アメリカがチリを参加しました。

スペイン語で「空色と白」を意味する「アルビセレステ(La Albiceleste)」、「セレステ・イ・ブランコ(La Celeste y Blanca)」といった愛称を持つアルゼンチン代表 ユニフォーム 2015 ホーム 半袖(1st)は空色と白のストライプというベーシックなデザインは変わりません。また、当時のユニフォームが珍しくvネックを採用しました。

限定価格:¥3,550円

特徴

・観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用。
・デザインは原点に立ち返ったようなシンプルなデザインを採用。
・襟元は伸縮性に優れたリブ仕様。
・vネック仕様を採用した。
・メーカーブランドは前続き「アディダス」、メーカーロゴは刺繍。

機能

CLIMACOOL:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

スペック

素材 ポリエステル
発売時期 2015年2月発売
シーズン 2015

ご購入はこちら

1986 アルゼンチン代表 ホーム ユニフォーム

メキシコで開催された1986 FIFAワールドカップでは西ドイツを3-2で下してサッカーアルゼンチン代表が2度目の優勝を果たしました。1978年大会の優勝監督はセサル・ルイス・メノッティであり、1986年大会の優勝監督はカルロス・ビラルドです。それも、FIFAワールドカップ歴史上でサッカーアルゼンチン代表が最高成績を獲得する時期。ですが、次は、1986年メキシコw杯で優勝を取れる時のチームユニフォームのデザイン、販売情報を一緒に見ましょう。

限定価格:¥3,550円

特徴

・観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用。
・ユニフォームが史上初めてストライプの白部が中央に配された。
・デザインには伝統的な空色と白のカラーを採用しました。
・首まわりにはクルーネックを採用し、袖口と同じホワイトを採用。
・メーカーブランドはフランスのスポーツブランド「Le Coq Sportif」。

機能

優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

スペック

素材 ポリエステル100%
シーズン 1986

ご購入はこちら